不動産売却と仲介契約の種類

土地や建物などの売却、購入、仲介、賃貸、管理などの様ざまな業務を行うものを不動産業と言います。マイホームの購入や、住み替えなどの時には不動産業者を利用します。

バーチャルオフィス情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

土地や家屋を売却する時は、売主は不動産仲介会社と仲介契約を結び物件の購入者探しを依頼します。

契約には、仲介を依頼する仲介業者を1社にのみ限定する専属専任媒介または専任媒介の契約をするか、或いは、売主が複数の仲介業者に物件の売却を依頼する一般媒介の契約をすることになります。

新宿の貸会議室情報をお伝えします。

専属専任媒介や専任媒介の方法は、売主が自分で購入者を見つけることを禁止したり、見つけたとしても不動産仲介業者を通して契約をする必要があるなど、売主にとって制約の強い契約になっています。


詳しく知りたい東京の建設会社情報は信頼性が高く、好評です。

その為、専属専任媒介・専任媒介契約を結んだ仲介会社は、決められた期日内にレインズに売却依頼のあった物件情報を登録することが義務付けられています。

建設会社情報を厳選して紹介しています。

レインズとは、売却不動産の情報ネットワークシステムで、登録された情報は一般の不動産会社に公開されます。

西新宿の会議室といえばこちらのサイトです。

そのため、広告効果が高く、専属専任媒介・専任媒介の契約をした仲介業者が物件を抱え込むことを防ぎ、適正な営業活動を促進するために役立つものです。一方、一般媒介契約では、レインズへの物件情報の登録は、売主に決定権がありますので、レインズに登録しないで営業活動を行うことが出来ます。

知り合いに自宅の売却を公開したくない場合など、あえてこの方法を選択する売主もいます。

http://www.lion.co.jp/index2.htm
http://www.ricoh.co.jp/
http://www.scsk.jp/